読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の詳細

SNSでは説明しづらい詳細について書きます。

暇な時間の過ごし方

 

最近は時間があっても、何故か焦る時が多い。

例えば、週末一日空いていたりすると、前はゴロゴロしていたのに、今は何をしようか考えてしまう。

 

このように焦る時は、「何か他にやるべき事があるはず」という仮説を立てることにした。

そんな時、部屋の片付けをしながら、やらなければならない事を素直にやってみると、大抵そういう焦りはスッキリと消え失せる。

「なんだ、やっぱり今これをやるべきだったんだ」と納得する。

 

逆に、時間がまだあるからamazonプライムの映画をもう一本みようと、面白そうな映画を見始めても、ものの10分もしない内に嫌になって見るのを止めてしまう。

 

このように一般的にネガティヴな感情である「焦り」をリトマス試験紙に、今やるべき行動は何かを判断している時が多い。

 

時間の過ごし方として、今は焦りがない時間が過ごせていたら合格点としている。