読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の詳細

SNSでは説明しづらい詳細について書きます。

今日も夜が更けてゆく

今日は、地元卓球クラブの練習に今年初めて参加した。

調子は悪くなかった。年末にコーチとか、義理の弟から教えてもらった技術が役立った。

 

練習後は、一杯飲みながらの昼食に参加。

昼間からアルコールが入るので、原則参加しないが、今日は年始だし、家のタイミングも良かったので参加した。

 

忌憚のない話。政治、卓球、スマホの使い方、肩のこらない話をして1時間半後に散会。

参加した大学の先生も、くだけた人で笑いを作っていた。

その中では、実は前からの厄介な話題も出た。

僕も承服できないと言ってネガティヴに行動しようと思ったが時があった。

しかし、大目に見ればそんな行動を取らなくてもいい。

実際、僕がネガティヴな行動をとっていたら、クラブ内の人間関係はギクシャクしていたろう。

今は、流して正解だ。時間やら、新しい展開が出てきて建設的に解決すると思っている。

それも含めて、今日は仲間と話す楽しみを味わえた。

 

夕方は、前から録音したかった曲を吹き込んだ。

音楽ソフトのGarageBandを使って、曲を録音している。

これまでメトロノームに合わせて、まずピアノと歌を録音していたがリズムが合わなくて何度もやり直していた。これだけミスをするには、理由があるはずと思い、やり方を変えてみた。

まずドラムを録音し、それに合わせてピアノと歌を演奏した。

すると、全然合わせやすい。

これまで20回以上ミスっていたのに、2ー3回で録音完了。

何事も工夫、と再認識する。

 

さて、人生は誰に対してもフェアだと思っている。

思いと、工夫と、実行するかしないか、これによって、結果がいい具合に行ったり、そうでなかったりすると考えている。

つまり、上手く行くときは理由があり、上手くいかない時も同様だ。

 

今日はこれから、自習室から戻ってくる子供を迎え、そして少し話す夕食の時間が残っている。

子供の方から、愚痴なり、不安の吐露もある可能性は高い。

受験に関して今や全く素人の自分が、緊張している子供と向き合う。

短い会話の時間だが、何を、どう話すか気を使う。

その時、父親としてどう答えるか。大袈裟に言えば普段の人格が試される時なのかもしれない。

ただ色々考えて、こちらが緊張し返って子供にプレッシャーを与えてはいけないので、自然体で接しようと思う。

 

そんな事を考えながら、今日も夜が更けてゆく。