読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の詳細

SNSでは説明しづらい詳細について書きます。

iOSを変更する時には気をつけて!

今日は、卓球練習を11時に終え、午後はゆっくりと本を読んだり静養する予定だった。

 

時間があったので、iPadの空き容量容量3GBしかないので、空き容量を増やそうとネットで調べた。

まずiTuneでiPadの容量の内訳をみると、「書類とデータ」が9GBも占めていた。

これを減らす有効な方法は、結局OSを再インストールする事と記事があり、

早速やってみた。

 

これが恐怖物語の始まりだった。

 

iPadを復元して、PCのバックアップからデータを戻したところ、

なんとWIFIiPadに繋がらなくなった。

 

WIFIのパスワードを入れてもエラーが出、やっと思い出して入れたパスワードは受け入れてくれたが、iPadが「ネット未接続」になってしまった。

 

それからアップルのサポートセンターに電話をかけ、iTuneのソフトを最新にして、復元した。iTuneのソフトのダウンロードが1時間かかるし、データの同期でこの時点で3時間かかっていた。

 

で、WIFIにつながるかとおもったら、同じ現象でネットに繋がらない。

 

ネットに繋がらないiPadなど、文鎮以下の存在である。

アップルのサポートの人もがっかりして、あとはハードの交換を無償でします、との申し出てくれた。

 

では、お願いします、と言いながら、最後、記憶にあったもう一つのパスワードを入れたら、

なんとネットに接続できた。

 

復元する前は、このパスワードはエラーが出ていたのに。

OS変えたら、なんでなの!?

 

この時点で4時間たっていた。

 

ボー然としながら、ハード交換で1週間iPadが使えなくなる不便を直前で回避できた。

 

このあともOSを変えた不便は続く。2ー3のアプリのパスワードが再設定となった。

結構、キャッシュに覚えさせていたものがOS変更とともに消えてていた。

思い出すのが大変だった。

 

さらに8時の大河ドラマを見ようとしたら、iPadにTV画面と音を出すアプリが接続元のPCを認識しなくなっていた。接続先のこのiPadを再認識するとのことで、アプリ会社からメールを送るからそのURLをクリックしろ、と。

 

大河ドラマの始まる10分前。このメールが届かなかったら、音でないから実質みれないじゃん、と焦っていたら、律儀にメールがすぐに届いた。無事、大河ドラマを見れた。

 

今日、こうして8時間ほど格闘した。

成果は、3GBだった空き容量が、OS復元で12GBに増えた。

 

大半の時間を占めたWiFiが繋がらないトラブルからの教訓は、

 

1WiFiのパスワードは忘れずに。

2繋がらなくなったら、WiFi ルーターの再起動してパスワード再入力

3ダメならOS入れ替えで、再度入力。

つまり、上記1、2の環境変化でパスワードを受け入れるか否か変わるからである。

 

 それにしても疲れた〜。