読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

思考の詳細

SNSでは説明しづらい詳細について書きます。

受験生の親

 

受験生の親はこの時期誰もが大変だろう。

今日滑り止めの一次に通ったようだが、2次はさらに4ー5倍の倍率らしい。

一方、本命の大学は、一次の結果を踏まえると二次試験次第。

 

僕の方は、もちろん仕事があるし、週末の卓球もあるし、アマゾン購入品の返品とか、行動の選択肢は時間とともに雑多にやってくる。行動同士がぶつかったときは、優先順位通りやるしかない。つまり、優先順位の高いものをやり、低いものは諦める。

 

実際、今度の子供の2次試験の日が、今週末の試合が重なっている。試験会場まで連れて行くとなると、試合には出られない可能性がある。

 

という感じの毎日が試験が全て終わる3月まで続く。

親としてはサポートこそすれ、迷惑をかけてはいけない。

周りで流行っている風邪を決して引かないとか、余分な事を言わないとか、、あんまり色々考えると気が重くなる。

 

ともあれ、一番大変なのは本人だから、親としては見守るしかない。

とにかく、本人が現時点のベストの力を出してくれればいいと思っている。