思考の詳細

SNSでは説明しづらい詳細について書きます。

幸福の大半

実に2か月以上、ブログを書いていなかった。

このブログは一定の気持ちの昂りがないと書いていないと思う。

自由に、気ままに書く。ありがちだが、そんなブログだ。

 

今、ブログに向かっているので今日は多少なりとも気持ちの昂りがあったという事だ。

午前中、所用で外出した。電車に乗って街に出た。

今日はいつも週末やっている卓球の練習もない日だ。

寒い日だ。曇っていて日中でも5度もない。

風がないのが救いだ。

 

街は空いていた。そして静かだった。

いつもつけているノイズキャンセル付きのヘッドフォンが実はずっとオフにしていたのに、

家に帰るまで気づかなかったほどだった。

 

電車はスムーズだった。いつも乗っている3本に一度の電車が往復とも直ぐ来た。

外出中、静かなクラッシックのプレイリストをかけていた。

Spotifyの Quiet Momentだ。こういう曲で脈拍が上がるはずもない。

こうして昨日ハードな練習をした身体を休める時間でもあった。

 

視界は相変らず極めて良好だ。

レーシックをやって以来、自分のQOL(人生の質)が15%程度上がったと勝手に思っている。

10%以上はある。20%は目に見えて改善したというレベルに近い、といった感じで15%。

視力は両目とも1.5ある。

会う人の目が少し自分を見るのがわかる。恐らく、こっちが見ているせいだろう。

見上げれば、雲がたなびくのが見える。雲は、音もなく光と交わりながら動いている。

庭の木々が雨の滴を抱えて、緑を深くしている。

ゆっくりと自転車を漕ぎながらそういった風景をみていると、まるでジンバル付きのアクションカメラで撮った4Kの映像だ。

 

家にコーヒーを買って帰り、このブログを書いている。

掃除をしている妻とは、地元の美味しそうなパン屋の事を話す。

穏やかな日曜日だ。

 

さて、そろそろ今日書きたいテーマを開示しよう。

今日書きたかったのは「幸福」だ。

幸福、Hapinessは誰もが得たいものだろう。

日本国憲法13条にある通り、「幸福追求権」は国民の権利の一つとして国家も認めている。

皆、何がしたいか、欲しいかと聞かれると「幸せになりたい」「幸福になりたい」とは言わない。

「結婚して幸せになりたい」とか「金持ちになりたい」、「両親に旅行をプレゼントしたい」とその人にとっての幸福の条件を言う。条件を満たすことで「幸福」になりたいというのは、恐らく皆共通ではないか。

その「幸福」について今日は少し書きたかった。

 

幸福になるには、幸福の条件がクリアされないといけない。

そのためには実現可能性が高い条件がいい。

実現可能性が高いということは、自分の進んでいる道の少し先とか、あるいはとっても低い条件(Low Expectationn)するのも有りかもしれない。後者は夢が無い感じだが、僕は後者もとっても大事だと思っている。

 

例えば、そう家族が一緒にいること。バラバラの家族も多いだろう。一人住まいの人もいるだろう。夫々、その状態をどう感じるかだが、家族が大事であれば、当たり前に家族と一緒に暮していることは、幸福の条件になるだろう。

時々喧嘩しても家族は家族。一緒にいるだけで、幸せとも考えられる。

 

同様に健康。健康な人にとって、健康は当たり前のことだ。ただ「体が丈夫なのが取り柄」と良く人はいうが、本当に感謝して使っている場面は意外と少ない。「馬鹿で、能力ないけど、体だけは丈夫」と自分を卑下することで人に否定してもらいたい目的で使われることが多いと思う。

しかし、身体に障害を持って生まれてきた人や、生まれつき身体が弱い人、いつも病院に行っている人にとって健康はどれだけ羨ましいものか。そして、実際身体が丈夫であれば、大きく活躍できる土台となる。「身体は資本」という。

健康には心の健康もある。

焦ったり、怒りや憎しみで満たされていたり、周りへの配慮や同情が無いのも健康とはいえない。

そういう心の苦しみを他人のせいにしている場合もあるだろう。そういう場合は、なかなか苦しみは解決されないだろう。

 

そういう家族とか健康とか、感謝の気持ちを持てる心とか、そういったものは当たり前と考えがちだが、実は幸福になる大半なものかもしれない。

 

後は、僕は音楽が好きなので、いい音楽で満たされていたい。

少年の頃、ある曲を聞いたりして思い浮かべた原風景を思い出せる曲に会うと、全ての行為をやめて

しばし聞き入ってしまう。

少しピアノを弾くが、身体とピアノが一体となって曲を奏でる瞬間がたまにある。

その時は、身体の溜まったストレスが、抜けてゆくのを感じる。

音楽と共に、涙腺が熱くなるときもある。

人間らしくていいと思っている。泣くのは人間だけだろうから。

 

このように静かに、健康に、心を動かしながら1日を生きてゆく。

それが自分にとって幸福の一つの形だと思っている。

 

もちろん、皆を騒いだり、卓球の大会で勝ったり、皆の前プレゼンしたり、アクティブな時も

幸福なのかもしれない。

 

ただ、大半の時間はそうでない時間が多いだろう。

とすると、当たり前の事による幸福がより重要である気がしてならない。

 

 

 

 

 

レーシック手術から2週間たって

11月9日にレーシックの手術を受けて約2週間たった。

最初の1週間は外出時や寝る時に保護メガネをしたり、1日5回点眼したりして不便だったが、今は全て不要になり、やっと自分の目になった感じがする。

遠くがはっきり見えるというのは何にも変えがたい。月のクレーターや、足元の雨粒が跳ね返るのが見える。言われて気づいたが、女性の化粧の細かいところまで見える笑。夜の店のネオンも綺麗だ。

東京の紅葉は、今年は雨が多くどれだけ見れるかわからないが、みてみたい。

周りが見えると、行動が積極的になる。朝起きて、ベランダから紅葉や、幻想的な紫の雲を見たいと飛び起きてしまう。人間そのものバージョンアップしたような感覚すらある。

 

唯一のレーシックのデメリットは老眼鏡が必要になることか。前0.08程度の近視だった時は、近くを見る時はメガネを外していた。今は、老眼鏡をかける。頑張れば、スマホも本も見えなくはないが、頑張っても老眼の進行には関係ないとのことなので素直に掛けることが多い。ただ、PCあたりになると、目から距離があるので、不要なこともある。

 

スポーツは卓球をやるが、全く問題なし。視界が広がって、余裕を持ってプレイできる分メリットがある。

 

ドライアイはほとんどない。2週間で、涙成分の点眼液を2回ほどつけただけだ。

 

ということで2週間たって総じて順調だ。

紅葉含め、美しい風景や光景を見てゆきたい。

 

レーシック手術を一昨日受けました。

レーシック手術を一昨日受けました。

 

結果は、、

 

 

 

 

 

とにかく「感動!!!!!」です。

昨日たまたま即位の礼のパレードで青山に行ってましたが、ビルや赤坂外苑の紅葉、神宮前の光景など全てが輝いて見えました。

こんな光景を、目のいい人は普段見ているとはつゆ知らず。でも実は、僕も子供のころは見てたのですね。実際、月のクレーターを裸眼で見たときは、腰を抜かしそうになりました。眼鏡をしてた、クレーターがはっきり見えるなんて想像もしなかったですからね。

手術後、気になったのは老眼がどうなるかです。僕は50代で既に老眼が始まっていますが、スマホとかPCとか新聞さえ見えにくくなりました。「どうーしよう。老眼鏡買わなきゃ」と思っていたら、翌日検診の病院で「手元がみえなくて困るでしょうから、用意してますよ」と新品の老眼鏡をくれました。これがまたデザインが今の眼鏡ととても似ていてラッキーでした。今日は、机でPCたたいたり、書類をみるときは老眼鏡をつけています。

手術後一週間外出時は保護メガネを付けますが、時々外すと、また別世界がみえるわけです。

今日の昼休み隅田川沿いの公園を歩いたら、なんとスカイツリーが青空を背景に浮かんでいました。いつもそこは靄がかかっていたのに、今日は灰色の塔がどーんと立ってました。

感覚的な部分以外にレーシックのデメリットも語っているので、良かったらみてみてください(注:あくまで個人的体験に基づく私見です)。

https://youtu.be/kzjwCfgSwL4

その後の経過とかレーシック生活で発見したことを、また機会があればブログに書きたいと思います。

 

次第にアップル製品で埋め尽くされて行く感じ

前回10月22日のブログでは、体調含め調子がいいことを書いた。

この3連休は初日に卓球の大会で一日中卓球をし、あと2日は休養している。

少し鼻風邪を引いたことと、卓球の練習時間が都合と合わなかったからだ。

 

午前中、郵便局に行った。今日は最高の日和で、自転車をゆっくり漕いだ。

耳にはいつものAirpodsProだ。ここ数日ハマっている。

何よりノイズキャンセレーション(ノイキャン)機能が素晴らしい。オンにすると外界のノイズがさっと消える。

感覚的には3分の1以下にな感じだ。かといって車の近く音とか、人の声もかすかに聴こえ、耳に感じる圧もなくとても自然だ。

f:id:jnxjent:20191104133225j:image

 

ノイキャン付きのAirpodsはずっと初代が出た時から欲しかった。

10月29日の朝、何気なくアップルストアをみたらAirpodsProが販売開始していた。

ほぼ何もアナウンスがなかったから、一瞬目を疑った。

「むむむ、どうしよう」と悩んだ。何故なら、AirPods2を買ってまだ半年しかたっていなかったからだ。

頭を高速回転させ、イヤフォンは比較的高価に買い取ってくれることを聞いていたので、売りに出す前提とした。あと今発注しないとすぐに口コミで広がって2−3週間待ちとなることを考え、AirPods Proを29日の午前中にポチった(案の定、3−4日後には2−3週間後の到着となっている)。

 

翌日、秋葉原のeイヤフォンに行ってAirpods2を売った。毎日値段が変わる。前日1万5千円くらいで

売れそうだったのに、Airpods Proの発売のせいか2000円も翌日落ちていた。

でも3万円が1万7千円で買えるのは大きい。

イヤフォンを売る時はこの店もチェックするといい。

https://e-earphone.blog/?p=1311853

 

AirpodsProは電車の中でも音楽が聞こえる。Airpods2はほとんど聞こえなかった。

外部音の取り込み機能も良好だ。例えば、店に入って店員とすぐに話ができる。

装着感もとってもいい。

 

アップルはジョブス亡き後、アップルウォッチ、Airpodsと新製品を出しているが完成度がさすがだと思う。市場に出して、ユーザーを満足させている。

このAirpodsProも手から離せないものとなった。そして少しでも早く持って自分のQOL(Quality Of Life)を上げたいとつい考えてしまう、そんな商品だ。

 

明日はアップルウォッチが届く。初めてのアップルウォッチ体験もとても楽しみだ。

 

 

気分がいい日々

9月23日のブログで、最近気が晴れないことを書いた。

10月は誕生月であり、毎年調子がいいが、今年は特に最高の気分が続いている。

何故か。主な理由は二つ。まず、簡単で9月に書いた理由が大抵片付いたからだ。書き出した4つの理由を振り返ると3つが解決している。最近楽しくて、夜もついついネットをしたり本を読んだりして夜更かししてしまう程だ。こうして考えてみると、不調というのも意味のある時期なのかもしれない。但し、意味あるものにするためには、きちんと不調と 感じる理由を把握することは必須なのだろう。

 そういえば、つい先日の10月半ばに昔の部署のOB会に行った。会で話していると、多くの人が癌で亡くなったり、経験をしていた。ステージ4まで行って無事帰還し、元気そうな人もいた。取引先でお世話になった人も60歳前で亡くなったことを聞いた。ストレスとタバコ、これを備えるとほとんど癌になると思えてしまう。

 そんな中特に思うのは、悔いないようにやろう、という事だ。

シンプルに、やりたいことはやるべきだと思う。

アクションを起こしてみる。

そうすると、忙しくなる。常に前に進んでいる感じだ。自転車を漕いでいるような不安定さを感じなくもないが、スリルがあって楽しい。

アクションを起こしてみても、やり方を十分調査すれば、無理なく実現できそうだ。

健康である内に、やりたいことをやる。もちろん、 身体第一は前提で。

 

あ、そうそう、もう一つの気分がいい理由は、今日は楽しみにしていた家族とのディナーだ。

吉祥寺のなかなか予約できなかったイタリアンに行く。

家族揃って、健康にそういう店で食事ができるのは、これまた幸せ倍増である。

 

 

 

 

ラグビー「日本vsアイルランド戦」を見た

昨日はちょっと疲れていたので、前半に卓球の練習を終え自宅に帰った。

TVで、ラグビーの日本、アイルランド戦を見た。

卓球の練習前、同じチームの人に「試合を見るのか?」と聞いたところ、「見ないよ。競るレベルじゃないでしょ」とその人は言った。「そりゃそうだろうな」と自分も思った。

それでも何となく、TVをつけ試合にチャンネルを合わせた。

ちょうど日本がウォーミングアップを終えた時だった。練習から戻るときにリーチ主将を先頭に肩に手を当て隊列のように整然と控室に戻っていた。個々に走って戻るアイルランドとは 対照的だった。

 

試合が始まり、日本は最初のトライのチャンスを逃した。

その後、巧みなアイルランドの キックからトライで点数が3ー12となった。

健闘している日本に対し、柔軟に戦略を変えて得点してくるのは流石だった。

ここまで日本はよく頑張ったが、これから緊張が崩れアイルランドの一方的展開になると思った。

 

しかし、日本は頑張る。スクラムも、タックルも精度が高い感じがした。

さらに強い相手にはダブルタックルで潰し、フォワードは相手にぶつかりながらも前へ前へと突き進む。

相手が手を焼いて、ペナルティをする。

そして後半、終に敵陣深い位置からトライをした。

見ていて、知らない内に切歯しながら、涙が出てきた。

19−12となり、最後おそらく7点差で止めてボーナスポイントをゲットしたいアイルランドが蹴り出し終にタイムアップ。チームは歓喜に沸いた。 会場も沸騰した。

 

ラグビーは高校の体育の時にやったが、サッカーに比べても格段に体がきつい。

タックルは怪我とすれすれで、スクラムも首が痛くなる。

選手たちは80分間死ぬ思いでプレイしているのではないかと思ってしまうほど、ラグビーはきついスポーツだ。

 

試合後の選手のインタビューでも分かったが、日本チームは冷静に自分の力を出した。

また試合前コーチは「ここにいるメンバー以外に日本の勝利を想像している人は世界にいないだろう」と言ったようだ。

格上の相手にも怯まず、自分たちは勝つと信じて、準備してきたと言っていた。

正にそれが大金星をあげる唯一の方法なのだろう。

 

ラグビーを見るのは久しぶりだが、ラグビーの素晴らしさ、そして格上の相手に日本チームの誇らしさを一身に感じる事ができた。

 

日本開催のラグビー・ワールドカップ、まだまだ続く。

 

 

 

 

 

気が晴れない時

この3連休、なぜか心が晴れない。

現象には理由がある。

小さい頃から、悩んだり、気持ちが苦しいときは理由を書き出したものだ。

一番しんどい時で確か7つほどあった。

書き出してみると、なんとなく靄が晴れた感じになり、7つのうち二つも解決する時にはすっきりしていたように思う。

 

今、心が晴れない理由は大体わかっている。

1 金曜日に酔っ払って会社の飲み会で大はしゃぎしてしまったことだ。皆がドン引きするくらいに一人で騒いでしまった。酔っ払って言いたいことを言い出し、千鳥足で自宅まで帰った。全く、いつものように杯数を数えないとどうなるかわからない。これで翌日疲れを持ち越し、自己嫌悪に陥っている。

2 この3連休時間がある。すると、卓球以外に時間をどう潰すかについて、ネットをみたり本を読んだり、昼寝をしたりと暇を持て余している。ピアノでも弾けばいいが、とにかく怠惰に流れてしまっている。事業の構想をするとか、目的があるときは充実していたときがあったが、今は暇を潰している時間が多い。これで将来いいのか、という漠然とした不安がある。

3 卓球も調子が良かったり、悪かったり。歯がゆい思いがある。ロジカルに反省して、次は反省を活かすという基本パターンが板についたことはいいのだが、ややおつかれモードの中、思考が中途半端になる。

4 レーシックを受けるか決めかねている。受けたいのだが、家人の反対を受けている。ソフトコンタクトを使わずにいきなりレーシックは飛躍しすぎとか、お金の補助をしないとか言われている。

 

大体こんなところだ。

書き出すと、スルスルと書き出せる。

あとはどう時とともに解決するかだ。

一つでも解決してゆきたい。