思考の詳細

SNSでは説明しづらい詳細について書きます。

センター試験

今日も明るい日差しが部屋に入ってくる。

明るい日差しというと、ハワイのある朝を思い出す。

ハワイに遊びに行ったものの、12月だったかずっと雨だった。

ほぼ諦めかけていたある朝、煌々と部屋に朝日が差し込んできた。

日に力すら感じた。その日は、1日快晴でマウイの海を堪能できた。

今日も同じような日に力を感じる。

 

さて、昨日のダブルヘッダー練習を報告する。

昨日は11時から13時までの地元クラブの練習と、13時から17時までの会社クラブの練習に参加した。

もっとも練習会場の移動と昼食を挟むので、会社クラブの練習は14時から参加となった。

結果は体力的にはほとんど問題なかった。17時になった時も「もう終わったの?」と感じた。今後、ダブルヘッダーもいけそうである。ただ、頭、つまり集中力の持続の点で、課題はあった。試合の後半で、何も頭を使わない時があった。卓球は体を頭の両方働かないと試合では勝てない。

 

そして昨日と同様、話はセンター試験に戻る。去年の試験2日目、娘をセンター会場まで送っていったので良く覚えているが、今日と同じような、いい天気だった。

娘は当日の朝、極度に緊張していた。後で聞いたが、朝会場に出発前に緊張のあまり吐いたらしい。既に一浪しているプレッシャーに加え、苦手な数学があったからだ。何でも直前に受けた予備校の模試の数学がとても難しく、点が悪かったらしい。

自分は試験会場まで行く途中何を言うか考えた。あれこれ言えないので、言いたいことを反芻した。

「あの予備校模試は本番レベルより難しいだろう。だから今日は多分そんなに難しく感じないから自信を持ってやればいい。仮に予備校模試と同じ難しさだったら、どうせみんなできなくて平均点下がる。だから、落ち着いてできるところからやればいい」と本番が難しくても通常でも、いずれにせよ大丈夫と励ました事を覚えている。

 

結果は、やはり通常レベルで、数学も予想以上にできたらしい。

試験も全て終わったあと「完全燃焼!! だしきった!」とメッセージが娘からきた。

自分の体も軽くなるような高揚感を覚えた。本人が修羅場を乗り切ったという事だ。

 

どこの親もそうかもしれないが子供の試験には相当を機を揉むだろう。

全国で57万人もの子供達が今日必死で机に向かっている。

ただただ、健闘を祈りたい気持ちだ。

 

 

 

 

 

土曜日の朝の雑考

今、土曜日の朝。

外は寒いらしいが、朝の日が煌々と部屋に差し込んできている。

今朝のtvで金沢では曇り空で雪が積もっていた。東京や浜松など太平洋側はこの季節晴れ間が多く、とても有り難い。

 

今日はセンター試験の第一日目だ。朝9時半から9時間続くようだ。

去年は子どものセンターで大変だった。

あれが、1年前か。もっと前の気がする。

 

先週、年明けの週で年内から積もっていた仕事をこなした。

スタートダッシュ良くして、週のやるべき仕事を大半終えられて良かった。

 

さて、今日の予定だが、地元クラブと会社のクラブの練習とダブルヘッダーで行くか、会社のみにするか考えている。

 

ダブルで行ってもいいが、疲れないか。少しでも上手くなるために、ダブルで行くかの天秤である。

この1時間特にやる事もないので、一度、ダブルヘッダーをやってみるか、と思っている。

どれだけ疲れるか、またブログに書きます笑。

 

 

 

 

健康

大体、この正月後の3連休というのは、正月ボケの後としては微妙だ。

世の中的には成人の日が入り、成人が晴れ着を着る姿がTVに映る。

今年は自分の子どもが成人となる。

生まれてから20年。なんとも早いものだ。

実際、晴れ着を着るらしい。

今日も高校の成人式のパーティとか。本人は楽しんでるに違いない。

 

さて、この3連休は正月ボケと、週明けから仕事モードの中間のいわば調整弁のような感じだ。

楽しむが、正月とは違った楽しみ方になる。

何がどう違うか表現しにくいが、ただ楽しむという事ではなく、リラックスするとか、充電するとか、正月から新年の仕事への「調整弁」という言葉が合う気がする。

 

今日は2時間ほど卓球をして、その後ピアノを珍しく1時間も弾いた。

楽譜を追いながら弾くとき、モーツァルトや、リストなど作曲家の表現の指示があり、

時空を超えて作曲家と直接コミュニケーションできる喜びが少し出てくるときがある。

指使いも、多分作曲家の親切なアドバイスだろう。

 

体を心を整える。

一言でいれば「健康」という事だろうが、健康が人生において最も貴重なものの一つであることはいうまでもない。

これからも、常に心身ともに健康である事を意識したい。

 

新年リスタート

今日は仕事始めの日。

実は、いつになくプレッシャーがかかっていた。

年末、早く休みをとっていて、その間にちょっとしたトラブルがあり、同僚達がうまく

対処してくれた。だが、やはり休み中も少し年明けの対応を考えていたからだ。

 

元旦の日、自分の目標を立てた。

今回の記事に関連するから、ここで公開すると

 

1 正々堂々と対処する

2 ひとつひとつやる。色々同時にやりすぎない

3 逆算で計画を立てる

 

今回のトラブルも1で行こうと思っている。

難易度が高いほど、そう対処しなければ対応できないとすら思う。

 

もう一つ、かねてからの課題で、過去のブログにも書いた「細かいことを気にしすぎて疲れる」への対処にもなる気がする。

細かいことを気にしないようにするという直接的な対応ではなく、心構えを変えるということだ。

そうすれば、自ずと不要な枝葉を考えなくなるのかもしれない。

 

もちろん、明日はまた疾風怒濤かもしれない。

ただ所詮「明日は明日の風が吹く」だろう。

このように今年の仕事始めの日、地味に、だけど確実にスタートできた事は良かった。

 

 

 

 

 

 

年末年始

年末年始はいつものように実家でのんびりした。

こうして実家で楽しめるのも、元気な両親に負うところが大きい。

子どもは大学に入って落ち着き、その分、この時期を気楽に楽しむことができた。

親にはいつか恩返しをしなければと思いつつ、いつまでも子ども気分で楽しんでいる自分を振り返ると、やや気恥ずかしい感じもするが、これも子どもの務めと思って甘えてしまっている。

親戚周りや、両親、同居している弟夫婦との食事、卓球レッスン、高校の学年同窓会と色々楽しめた。

 

明日から仕事だ。厳しい世界ではあるが、十分充電した力で乗り切って行きたい。

 

2018年元日の昼

 

2018年になった。

 

元日の今日はいい天気になった。

起きて、実家の部屋を掃除した。

そして、ジョギングを久しぶりにした。

元日はよくジョギングをする。

一年の計は元旦にあり、というが今年もジョギングをしながら、目標を立てた。

 

去年の目標は、ほとんど忘れていたが、ブログを見返してみたら

不惑」だった。つまり、子どもの受験の結果いかんでは、自分の計画も

色々変わり得たが、どの結果になっても動じないようにしようというものだった。

 

今年も目標は、、今は胸に閉まっておく。

 

ともかく今日から1年のスタートだ。

新年の日々、気持ちもあらたに過ごしたい。

 

 

冬休みのはじまり

ただ今、帰省の新幹線にいる。

天気もよく、最高の富士山もみえた。

 

f:id:jnxjent:20171226114056j:image

 が、まだ脱力感の中にある。

仕事も忙しかったし、年末の雑事もバタバタしていた。

朝は家族の年賀状を印刷した。

年賀状は、印刷ミスは痛いから、よく確認しながらやったら

今日は印刷ミスはゼロだった。

家から出発して、駅の改札を通った時に、手提げ袋が無い事に気付いた。

ゴミを出したときに手提げをごみ収集所に置いたと思った。

中には図書館の本が入っている。無くしたらヤバイ。

家に電話したら、家にあるという。家内が外出ついでに駅までもってきてくれた。

 

新幹線の中では、最近ハマっているウォーキングデッドを一話みた。

新幹線のWIFIは設定が複雑で、スピードも出ず、しかも月額料金で高いとあって、

スマホテザリングでみた。

さすがDocomo4G、トンネル内でも全然途切れなかった。

一話みて900MB。想定通りのパケ量だ。

もう新幹線は静岡についた。二話は勿体ないので、本を読もう。

ということで冬休みがゆっくり始まった。