思考の詳細

SNSでは説明しづらい詳細について書きます。

大学の同窓会

先週末の土曜日には、大学の同窓会が行われた。

昨年に続いて、2回目。出席者も数名増えた。

会場は大学の中のレストラン。去年と同じ場所だ。

皆、自然と集まり、自然と会話した。

1時間ほど過ぎた頃、恒例の3分間スピーチをした。

お題は事前に「近況と大学時代の思い出」としたが、当日ゲストの人もいたのでお題はフリーとした。

皆、自然と話し、少し突っ込みも入り和やかに進んだ。

会場も時間となったので、記念撮影。

 

その後、2次会に移動した。

これも昨年に続いてカラオケだ。

入店していきなり曲を入れず、話した。

それでだんだん興が乗ってきて、曲を入れた。

入った曲はちょうど社会人になりたての頃の懐かしいスピッツの曲だ。

そこから皆々、好きな歌が入った。

誰の歌も皆お互い楽しみ、最後はゆずの「栄光の架け橋」で肩を組んで歌った。

 

なんとも楽しい時間だった。

これは仲間がなくては過ごせない時間だ。

皆の快感オーラもあったのか、普段の時を忘れた。

 

また来年参加ししたい。もちろん、カラオケも笑。

心の平和

午前中が休みというのは、とっても有難い。

気持ちのいい部屋で本を読んだり、ピアノを弾いたりのんびりできる。

普段、目的を持って色々動いているが、今、目的もなくほとんど停止しているという時間が貴重に思えてならない。

今日、日曜日の朝。外は日差しのみあって、音もほとんどしない。

こんな時を平和な時間というんだろう。

 

ふと思ったのは、心が平和になれないかということだ。

仕事の時はいつも何か目的があって、それに向かって準備したり、残業したりする。

締め切り、段取り、効果も考える。

そして目的例えば会議を終え、息も注がず次といった感じの日々だ。

心の平和を感じることは皆無だ。

 

卓球の練習も同様。

目的をもって練習をし、試合では集中する。

終われば、一杯飲んで休息に入り、プレイ動画をみて反省する。

心の平和を感じるとことはほとんどない。

一方、高揚感を味わうときはある。

ただ、そういう時は調子がいい時に限られる。

意識して生み出す心持ちではない。

 

心の平和、つまり自分や周りをみつめ、ポジティブに落ち着いて余裕をもっていられる心持ちを時間の合間に持てたら、疲労も少なくなるのではと思う。というのも、体同様に心も連続した緊張から一瞬解き放すことが重要だと思うからだ。

 

少し、留意したい。

大学卒業30周年ホームカミングパーティ

久しぶりに大学に行った。

卒業30周年記念パーティがあったからだ。

全部で170名ほどの大盛況だった。

最初は、知ってる人がわからなくて本当に戸惑った。

だが、目と鼻と口をみていると、当時の姿を思い出すことができるという事がわかり、見覚えがある人に声をかけたりした。

すると、教養時代のクラスの人を3名も会うことができた。

皆、働き盛りといった感じでエネルギッシュにかんじられた。

パーティには学長も来た。

スピーチはわかりやすかった。2025年問題があるという。若い人に将来を丸投げできない状態という。2025年問題はなんなのか後で調べてみようと思う。

そのあと、学部のホームカミング懇親会に移動した。

来たのは15年ぶり以上か。相変わらず、地味に静かに話していた。

中に今年もノーベル物理学賞候補となった先生もきていた。

普通に真っ当な研究者といった感じだ。

その先生に僕の当時の卒論パートナーだった大学教授の名を告げると、彼がノーベル賞に最も近いと言われているらしい。ずっと色んな賞をとって活躍している。

久しぶりにアカデミックな雰囲気を味わった。

また、なんと就職担当していた方がまだ学部の事務局長みたいな感じでいらっしゃった。

もう30年、70を超えてらっしゃるだろう。最後は若者と机を元気に片付けていた。

 

帰り、雨が降っていた。

傘を忘れたので、その事務局長の部屋にいったら

「返さなくていいよ」といってビニール傘を貸してくれた。

大学の建物はドアは開けっ放し。

当時をおもいだした。

 

また近々、傘を返しがてら、旧友の大学教授に会いに来ようかと思っている。

 

 

 

 

ストレス管理

やっと秋本番の季節となった。

今年の夏は、ひたすら暑く、台風もきて天候は大荒れだった印象が強い。

今は打って変わって、穏やかな日である。

いつのまにか緯度まで上がって、ヨーロッパの初秋の感じすらする。

 

いつもながら仕事は忙しい。週末はほぼ卓球。最近、その二つで疲れてしまってピアノを弾く力はない。今日の午前は、時間も余力もあるので、少し弾こうかと思っている。

 

今の管理系仕事でありとあらゆる事に神経を尖らせている時間が長く、頭を休めるのに一苦労だ。

些細な事が頭を数多く過ぎる。もちろん忘れ去ろうとし、脳を静めようとするが簡単にはいかない。

 

あるストレスを忘れるためには、別の事をするしかないのかもしれない。

小泉元首相が言っていた「ストレスの先入れ、先出しで乗り切っている」だ。

 

この辺のストレスの対処法、ストレスマネジメントは現代人の大きな課題となっているのだろう。

昔は、疫病や飢饉、戦争があって人はストレスの連続だったが、ぼんやりと長期的にストレスを感じる暇がなかったのかもしれない。

 

何かをし続ける、そして本当に疲れた時はゴロゴロして休む、その2つの生活パターンをするしかないというのが現状の僕の認識である。

 

 

今に生きる

9月最終週の1週間の夏休みも終わってしまって、10月はまた忙しい。

仕事、懇親会、そして週末の卓球と予定が結構入っている。

管理系の仕事で細かいところまで神経をつかっているせいか、相変わらずどうでもいいような細かいところまで考えがちな気がする。もし全てに気を回すとすると疲れ切ることは明らかなので、どうしたら気疲れしないか良く考える。

 

今のところ考えつくのは、シンプルに「今に生きる」だ。

今を大切にする。過去を憂えず、未来も心配しないというか余り考えない。

将来については、予定を少し確認して準備を終えたらそれ以上は考えないようにする。

 

実際、9月末になんとしても夏休みを取ろうと思っていたので、仕事が予定通り進むように相当気を使った。その結果、必要以上に気疲れした。これはある意味、将来を憂いすぎのパターンだ。

 

今朝は、午前中ゴロゴロ本を読んだり、iPadいじったりしてのんびり過ごそうと思ったが、気が少し焦ってきたので、別のことをすることにした。

 

そう、気が焦る時は、別のことをするべき時というのがマイ マーフィの法則だからだ。

 

そうおもいながら、まず寝床から起きて新聞を読み、そのあとピアノを30分以上弾いた。するとその気の焦りが消えた。部屋には柔らかい秋の日差しが差し込んでいて、気持ち良さも感じられた。

 

「今に生きる」、確か邦画タイトルもあった気がするが、何年かに一度思い出す言葉だ。

 

 

 

 

夏休み(前半)

夏休み実家で過ごしている。

今回の夏休みの目的は、リラックスすることだ。

当たり前の目的だが、これを追求するとなると少し過ごし方が違ってくる。

まず、予定を多く入れないようにする。

1日、せいぜい一つ。

今日はフリーにした。

それでも午前中ピアノを気持ちよく弾き、そのあと喫茶店で美味しいコーヒーを飲み、昼は両親とうなぎを食べる予定だ。この喫茶店を出て自転車で高校の通学路を走ろうか。

夕方はジョギングをするだろう。行動は自由である。

 

昨日の夜は卓球の練習をした。この練習会は実業団の選手や静岡県のトップクラスの選手がいて

試合をし、調子も悪くなかったので楽しかった。

汗をかき、家で夜遅くのご飯も美味しかった。

 

ということで淡々とだが、ゆっくりと時間が過ぎてゆく。

ストレスを忘れ、悩みもなく、まさに夏休みの

のんびりさに浸っている。

 

地元クラブの飲み会

今日も午前9時から午後1時まで卓球した。

昨日も練習があってその後皆飲み会にいったけど、僕は我慢して帰ってきたので、今日は飲み会に参加した。本当に久しぶりで、2ヶ月ぶりくらいの参加だろうか。

相変わらず楽しかった。

 

卓球クラブのメンバーだから、皆卓球は一番だが、それ以外の話も結構する。

大抵、家族の愚痴だったり、携帯が格安スマホで安くなるとか、最近のニュースなどいわゆる雑談だ。

だが、気を使わない、でも卓球を愛するという点でとても付き合いやすい。

誰が威張ったり、苛めたりすることもなく、卓球&雑談で盛り上がる。

 

飲み会だから当然酒も入るが、飲めない人も参加して、その人の参加費用はディスカウントされる。

昼のせいもあるが、2000円ちょっとだ。

 

昼下がりの空は、若干のんびりした茜色である。

「人生楽しく生きる」という点では、なんともそれに近いコミュニティと思う。